国の教育ローン、残りはあと○○円になった・・・

スポンサーリンク




大学の共通テストが始まりました。
東京大学の前で、高校二年の男子生徒が受験生を切りつけるという痛ましい事件が起きました。

東大を目指していた高校生だったようですが、成績が落ちて自信をなくしていたとか。
だからって、なんで全くの他人を巻き込むのでしょう?
なんだかこういう類の事件が増えてきて、怖い世の中になりました。

共通テストの朝、私は三年前と四年前のセンター試験を思い出しました。
思い出しただけでも、胃がキリキリ痛むような苦しい日でした。

今年もコロナ禍での受験となり、親御さんも心配の種が尽きないと思います。

国の教育ローンのを借りました。

母子家庭だし、パートだから審査は通らないかなと思いつつ申しこみをした所、思いがけず通りました。
国の教育ローンはなんといっても利率が低いので、助かります。
今、久しぶりに教育ローンの書類を見てみたら、利率は1.38%(年利)でした。

一般の教育ローンの10分の一くらいかもしれないです。

一浪をして、もう後がない息子のために100万円かりました。
その100万で、私立大をいくつか受け、30万は唯一合格していた私立大に納入しました。
(このお金、待ってはくれないし、返してもくれません)

結局、後期で国立にギリギリひっかかりました。
残りのお金は大学の入学金、前期授業料、教科書代などですべて消えました。 

国の教育ローンに、毎月18000円を返しています。

令和4年1月現在、残りは432000円でした。

この返済が令和6年まで続きます。
まとめて返済もできるようですが、手続きが大変みたいなので、このまま月々で返していこうかと考えています。

教育ローンの返済が終了するのは、私が65歳になる年です。
そして大学院に進んだとしても、令和6年に、息子は社会人になっているはずです。

あともう少しの辛抱、健康で働き続けたい。

今日は、仕事帰りに両手で荷物を持っていて、足がよろけて思い切り転びそうになりました。
両手はふさがっていて、地面が迫ってきました。

あっ!と思った瞬間、誰かが背中を引っ張ってくれたような気がしました。
寸前の所で、私は自分の体勢を整えることができて、転ばないですんだのです。

この運動神経が滅茶苦茶悪い私が、よく体勢を元にもどすことができたと、不思議な力を感じました。
神様が助けてくれたって、思いました。
転んでる場合じゃない・・

今日の夕飯はキムチ鍋を作って食べました。
一人用土鍋を買うか迷っていて、まだ買っていないので、普通の鍋で大量に作りました。
明日も食べる予定です。

タイトルとURLをコピーしました