夢を見ていた50代、守りに入った60代

スポンサーリンク




北風がビュービューふいて、寒すぎる一日でした。
今日は、どこにもよらずに、一目散にマンションの部屋に帰ってきました。

私、気持ちはまだ50代なので、ブログ村の50代の生き方カテゴリーをよく見ています。

夢を見ていた50代

夫から離れたいブロガーさん、実際に離れているブロガーさんがいます。
私も結婚生活の後半からは、ずっと夫から離れることを夢見ていました。

いつかは海の見えるマンションに、子供と一緒に暮らしたい。
ベランダに出て、海を眺めて、ボッーとできたら最高、部屋は三つあって3LDKがいいかな等々

こんなこと毎日想像していたから、夫に怒鳴られてもなんとか耐えることができたんだと思う。
不動産会社のサイトを見ては、こんな所がいい、ここは安い、いろいろな間取りを見てワクワクしていました。

決断を下すのは、50代がラストチャンスだと思う。
50代の頃は、まだいろんなことを夢見ることができたから。

守りに入った60代。

60代になってから、見える景色がまったく違ってきたと感じます。
本当に還暦を迎えてからというもの、体力はガタっと落ちたし、気力もなくなってきました。

もう夢見る年代は過ぎ去って、あとは現実を知り、老後の生活を考えるようになりました。
転職も考えていません。
61歳の今、あとは残りの人生をどう生きていくかです。

50代に夢見ていた理想の暮らしは、半分叶いました。
海は見えないけれど、現在はワンルームマンションの5階に住んでいます。
ベッドの上に寝転がりながら、空が見えます。

海ではなく、空を眺めて、ボッーとしています。
子供たちを呼んで、一緒にご飯を食べたり、泊めてあげることができないのはちょっと残念ですが。

今一番大切なのは、健康で居続けること。
60代の一人暮らし、身体を壊したら、生活が破綻してしまいます。
扶養してくれる人は誰もいません。

今日は帰宅後にカフェオレブレッドをトーストして食べました。
神戸屋のこのシリーズの食パンは、美味しいですよ~。

一人暮らしにはちょうどいい2枚入りで、98円でした。

タイトルとURLをコピーしました