悲しい思い出の品を手放す、一人でゴロゴロ過ごすクリスマスイブ

スポンサーリンク




クリぼっち、未だにこの言葉が使われているのですね。
もう死語になっていると思ったら、ツイッターでトレンドにあがっていました。

クリスマスイブに一人で過ごして何が悪い?
私もそう思います。

悲しい思い出の品物を手放しました。

私の唯一の楽しみであったNSP中村貴之さんのライブに行くこと。
老後はおっかけをするつもりでいたのに、中村さんは天国へと旅立ってしまいました。
まだ信じられないのですが、来年も再来年もライブはない。

手元にあったNSPのCDとDVDを全部、メルカリで売っちゃいました。
見たら悲しくなるだけ、毎日それを見て泣きながら思い出にひたる、それもありかもしれないけれど、悲しい気持ちで毎日を過ごしたくありません。

中村さんは67歳、最期までガンと闘いました。
30年前のNSPの歌を楽しませてくれて、今は感謝の気持ちでいっぱいです。

メルカリでCD、DVDを出品したら全部売れました。
20000円になりました。
この20000円も借金返済で消えました。

クリスマスイブ、一人でゴロゴロ過ごしています。

私はもうずっと一人でいい。
一人が気楽です。

中村さんという推しを失ったので、何か老後の楽しみをみつけたいです。
ドキドキワクワクすることって、生きていく上で必要だって思うのです。

タイトルとURLをコピーしました