住民税非課税世帯に10万円支給、住民税非課税って実際の年収はいくら?

スポンサーリンク




テレビをつけると、18歳以下の子供に10万円支給の話題ばかりやっています。
5万円は現金で、残りの5万円はクーポンでと最初から決まっていました。

ところがそうすると、経費がかなりかかることがわかり、なんだかいろいろもめています。
職場には子育て世帯のパートさんがたくさんいますが、みんな現金の方がいいと言っています。

どちらにしても、10万円もらえるということは、とっても嬉しいことのはず。
シニア世代には、関係のない話題ですが、有効につかってほしいです。

住民税非課税世帯にも10万円支給することが決まっています。

住民税非課税世帯とは、だれくらいの年収なのかという記事を読みました。

扶養家族がいる場合は、また違いますが、単身者の場合は、年収が100万以下が基準になっているようです。
年金収入でも、給料でも年収が100万円を超えたら、住民税非課税世帯には入りません。

全国に1400万人の対象者がいるそうです。

もしかしたら、別居中の夫は、十便税非課税世帯に入るのかもしれません、
どうやって食べているのかも全くわかりませんが、無年金で相当厳しい生活をしいられていると思います。

今日は、残り物のカレーでチーズカレードリアを作りました。
やっぱりカレーはついたくさん作ってしまいます。
どうしてもカレーばかりだとあきてしまうので、今日はチーズをのせてチーズドリアにしました。

スーパー業界は、売上げ落ち込んでいるので、私の職場のスーパーも今年はボーナスはなしです。
正社員には少しでるようですが、パート、アルバイトはゼロです。

おひとり様の老後に向けて、一日も早く借金を返し、貯金をしたいです。
できたら誰にも迷惑かげずに老後を過ごしたい。

タイトルとURLをコピーしました