ねんきん定期便のメールが届く、もちろん年金だけではやっていけません。

スポンサーリンク




こんな人生になると思っていなかった。
毎年、11月になると思います。

ねんきん定期便が届き、現実を垣間見るからです。

ねんきん定期便は、毎年はがきできていましたが、今年はまだ来ないなーと思っていた所、メールが来ました。
電子版ねんきん定期便です。

さっそくダウンロードをしてみてみました。
少しは増えているかな?

ジッーと見る。
ほんの少し増えていました。

恥ずかしながら、私の年金受取予定額を初披露します。
62歳からもらえる特別支給の老齢厚生年金が約10000円、65歳からの老齢厚生年金が約30000円でした。

なんでそんなに年金が少ないの?と息子に責められる

本当に、息子に責められても仕方のない年金です。
夫が自営業で、無年金だったことが、影響しています。

私も国民年金を納めていない時期があったので、こんなに少ないのです。
40代後半から職場の社会保険に加入することができたので、60歳をすぎた今でも、厚生年金を払えています。

これが反映されて、少しは受給額が増えるのだろうけれど、どちらにしても年金だけではやっていけません。

年金定期便電子版を見て、ますます気を引き締めました。
がっくりしている場合ではないんです。
こんなはずじゃあなかったと後悔して、後ろを見ていても何もなりません。

70歳に繰り下げ受給を選択した場合を試算してみました。
70歳からにすると、6万近くになるようです。

それでも年金だけではやっていけないので、やっぱり死ぬまで働くってことになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました