ワクチン副反応、熱が出るのはわかっていたけど一人はつらかった

スポンサーリンク




昨日、コロナウイルスのワクチン二回目を打ってきました。
職場の仲間が全員熱がでていたので、自分もでると覚悟していたのです。

昨日は一回目と同じように、肩と腕が痛くなるくらいで熱はでませんでした。
今朝起きてからも、36.5度と平熱で身体も普段と変わらなかったのですが、午後からグングンあがっていきました。

ワクチン副反応、熱が出るのはわかっていたけれど、一人はつらかった

ワクチンの副反応なので、時間がたてば収まるはず、それでも一人で過ごすのは、心細かったです。
ワクチン副反応はうってから24時間後に発熱すると聞いていたのですが、本当にその通りで13時ごろ38度になり、最高は39度まであがりました。
寒気と関節の痛みで、その後はずっと横になっていたのですが、解熱剤ものんだら夜になって、やっと36度台まで下がりました。

同僚たちから聞いていたのが、解熱剤とスポーツドリンクを用意、熱が出たら水分をとるということ。
聞いていたので、充分な量のスポーツドリンクを用意しておいて正解でした。

あとはごはんです。
ほぼ食欲がなくなったのですが、何か食べないと解熱剤ば飲めないので、家にあるものを流し込むといった感じです。

今回はワクチンの副反応ですが、一人暮らしで病気になるのは本当に怖いなと感じました。

コロナワクチンにかかって自宅療養?もしそんなことになったらメンタルもやられてしまうだろうなと思いました。

一人暮らし、やはりいいことばかりではなく、すべて自分でやらなくてはならないって実感しました。
息子と暮らしていたころは、やはり心強かった。

二回の解熱剤を飲み、腕にも額にも熱さまシートをはって、ずっと寝ていたら、今36.7度まで下がりました。
明日は仕事に行きたい。

タイトルとURLをコピーしました