別居中の夫の夢を見る、夢の中の夫は優しかった

スポンサーリンク




雨が続くのはいやだけど、涼しいと過ごしやすいです。
ここ何日かはエアコンなしで過ごせています。

週の後半はまたまた暑くなるようですが。

今日は昼寝をしたのですが、別居中の夫の夢を見ました。

息子がまだ小学生で、夫が遊んであげている夢でした。
息子はとても楽しそうで、そこに娘も登場しました。

3人ででかけてうれしそうな顔をしていました。
「今日のお父さんは優しい」二人ともそう言ってた。

夫の夢を見たのは、久しぶりだったけれど、終始優しい夫でした。
これは私の願望からくる夢だったのか。

もう過去にはもどれないけれど、夫が子供たちを可愛がって普通の生活をおくることができていたら・・なんて思ってしまいました。
子供を可愛がってくれた時もありましたが、それは自分の機嫌が良い時だけでした。

仕事がうまくいっていた年収1000万時代は、子供たちにお小遣いをあげてニコニコしてる日々もあったのです。
それは何年も続かずに、すぐに荒れていきました。

今でも悲しい思い出となっているのは、子供たちの大事なものを壊したことです。
ゲームとか、ドライヤーとか音をバンバンたてて壊していました。

それを子供の前でやるのですから、子供たちはどれだけ悲しかったか。
いつもいつも父親の顔色を見て過ごしていましって

子供を持った娘は、そんな父親をゆるしてるのかわかりませんが、お父さんが小さい時によく公園に連れていってくれたこと、覚えているよと言っています。
良い時の父親を覚えていることが、せめてもの救いです。

別居中の夫は娘が結婚して子供を産んだことも知りません。可哀想な人だと思うけれど、自業自得だって思います。

今日の至福のひと時は、抹茶のモウを食べました。
やっぱりアイスクリームは暑い時が美味しいかもです。

息子はどうしているのか。
やっぱり考えてしまいます。

今バイトを探しているとlineがきました。
娘が一人で頑張ってきたように、息子もいろいろなことを乗り越えてほしいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました