50年使った、昭和レトロなお皿を手放す

スポンサーリンク




収納のないワンルームに引っ越します。
最初は困ったなぁ、どうしようと思ったのです。

家賃は安いし、駅から数分、オートロックなので一人暮らしでも安心。
いい面の方がたくさんあったので、そこに決めました。

収納がない部屋なので、とにかく今あるものをどっさりと減らさなくてはならなくて、大変でした。
収納がないということは、少ないもので暮らすことができるので、かえってよかったかもと思っています。

50年使った、昭和レトロのお皿を手放す。

このお皿、私が10歳くらいから実家で使っていたものです。
実家の断捨離で譲り受けました。

昭和のにおいがして、使いやすかったので使ってました。
カレーやシチューに便利だったのです。

ちなみに昨日はカレーライス、今日はクリームシチューを作りました。
そして今日でこのお皿とさよならします。

よく見ると、かけてる部分がありました。
よく50年もがんばりました。

昭和レトロと言えば、元わが家にも、義母が使っていた50年前のものが山のように放置されています。
ゴミ屋敷に近いくらい、ものをため込むのが好きだった夫。

過去のものにしがみついて、いろんな運を逃がしている気がします。

タイトルとURLをコピーしました