金持ちばぁちゃんと、貧乏ばぁちゃん

スポンサーリンク




私の今の楽しみは孫と戯れることです。

寝返りをうつようになってさらに可愛さを増してきました。
仕事の合間をぬって孫に会いに行く、孫のぷくぷくした肌に癒されています。

貧乏ばぁちゃんとは、もちろん私のことです。

自分の生活で精いっぱいで、孫のためにいろいろと買ってあげることもできなくていつも心苦しく思っています。

夫と別居中のわけありパート主婦の私。
一方娘の旦那さんの親は個人事務所を経営する裕福な家庭です。

金持ちばぁちゃんとは、旦那さんのお母さんのこと、娘にとっては姑です。

お姑さんは50代でとてもきれいな方、専業主婦です。

今週、娘夫婦が孫を見せに、故郷に帰省しています。
50代のご両親はもうコロナワクチン接種済みだそうで、無事ご対面となったわけです。

金持ちばぁちゃんは、初孫とたっぷり戯れることができて、金銭的にも豊かで孫になんでもしてあげれるんだろうなぁと思ったら、とてもうらやましかった。

それで昨日の記事の題名、なんでこんな苦労の多い生き方選んじゃったんだろうと思ったわけです。

仕事もしてなくて孫と戯れる時間もたくさんある、やはり専業主婦はうらやましいです。
私も専業主婦時代はありましたが、その時は外で働いているママさんがうらやましかったけど。

人間ってやっぱりないものねだりなんでしょうか。

息子がよくいう言葉ですが、なんで同じ人間なのに不公平だって気持ち、少しわかった気がします。

貧乏ばぁちゃんにできることは、子守りすること。
そして老後は迷惑をかけないことかな。

私は私です。

タイトルとURLをコピーしました