毛玉だらけのジャージ、捨てていい?

スポンサーリンク




入院中の娘からは、孫の写真がドンドンおくられてきます。
今は本当に便利な世の中になったと思う。

くしゃみをしている動画、おならをしている動画、そして大泣きしている動画。
面会はできなくても孫のいろんな表情を見ることができます。

初孫は男の子ですが、娘の赤ちゃんの頃にそっくりで笑ってしまう。
やはり男の子はママに似るのか。

息子も大人になった今でも、私にそっくりだと言われます。
息子はそれをすごく嫌がります。
(なんでよ?)

そんな息子は今日はでかけていました。
どこにでかけていたのかはもう聞きません。

昨日は洗濯をしてくれました。

毛玉だらけのジャージ、捨てていい?

と言われてしまいました。

確かに毛玉だらけです、それ娘のお古なんです。
娘からもらってもったいないからとずっと捨てずに着ていました。

だけど、そろそろ手放すことにしました。

娘と息子にはよく言われてたのです。
もっと小ぎれいなかっこうをしろと・・・

わかっているのだけど、貧乏性はなかなかなおりません。

これだから、いつまでも貧乏から抜け出せないのかもと思います。
貧乏を引き寄せてしまっているかもしれないから。

そういえば別居中の夫も、新婚当時からはいていた水色のジャージを20年近くはき続けていました。
もう本当にボロボロです、ウエストのゴムは、何回取り換えたことか。
新しいジャージを買ってきても、着てくれませんでした。

夫の場合は、こだわりです。
その水色のジャージをはくと気持ちが落ち着くのだそうです。

小さい子がぬいぐるみを手放せないと同じ?

今はどうしているのかわかりません。
いろんな所にへんなこだわりがあったので、夫も発達障害グレーだったのかもって思う。

モラハラ夫は、発達障害の確立が高いそうです。
そして私はカサンドラ症候群だったのかもしれないです。

タイトルとURLをコピーしました