死ぬまで賃貸暮らし、重くのしかかる更新料

スポンサーリンク




この2DKのアパートに引っ越してきてもう丸4年になります。
二回目の更新時期がやってきました。

私はたぶん死ぬまで賃貸暮らしになると思います。

家賃は駅から5分という便利な場所にあるわりには安くて、5万円です。

一日中日が当たらないこと。
そして私の寝室の裏は崖になっていることなどで、相場よりかなり安くなっています。

昨年の大きな台風の時は本当に怖かったけれど、今年は一つも上陸せずほっとしています。
避難勧告区域に指定されている場所でもあります。
いつ土砂崩れが起きるかわからないのも怖いけど、ここから引っ越すのは無理・・

一度市営住宅の申し込みをしようとしました。
市営なら古さを気にしなければ2万円ほどで借りれます。

ところが、残念なことに別居状態だと借りられなかったのです。
離婚が成立していないとだめだったので、あきらめました。

死ぬまで賃貸暮らし、重くのしかかる更新料

更新月は12月なのに、もう更新手続きの書類が送られてきました。

更新料5万円、火災保険更新料2万円、合計7万円を準備しなければなりません。
貯金のない身、この7万円は痛いです。

書類を見てため息がでました。

保証人は娘になっているので、娘に書類を送ったりと忙しいです。
印鑑登録証明書もとらなければなりません。

やっぱりこれからはすべてがはんこレスになってほしいと思います!

夫の元に戻れば、家賃はかからないと妹に言われたことがあります。
でもそれは死んでもいやです。

二年おきに、バタバタと手続しなくてはならない賃貸暮らし。
やっぱりわびしいです・・

タイトルとURLをコピーしました