貧乏でも頑張ろうと決めたのは自分です。




貧乏ってなんで、辛いんだろうと考えて見ました。
なんだか、毎日寂しいし、わびしいし、悲しいし、つらいし、苦しい。

今の生活は、自分で選んだ結果で、DV夫の元から、逃げ出したのは自分です。

貧乏でもがんばろうと決めたのも自分です。

でも、裕福そうな同年代のご夫婦が、かご一杯にごちそうを、買って帰るのを見てうらやましくなる自分がいます。
荷物を当たり前のように、もってもらい、当たり前のように、ご主人の運転する車で帰る。
そんな些細なことさえ羨ましく見えます。

これって妬みなんだろうなぁ~
隣の芝生はどうしても青く見えます。

DV夫と暮らしていた頃も、一緒に買い物にいった記憶が、ありません。
普通の夫婦ではありませんでした。
今思うと、奴隷のような生活だったかも。

結婚して何年かは、DV夫の仕事も順調で、わりと豊かな暮らしができていました。
その夫の希望で、子供たちを、私立小学校に入れてから、生活が苦しくなっていきました。
今思うと、私立小に入れたことが、間違った選択でした。
もっと、ちゃんと反対するべきだったと思います。< お金に、余裕がないということは、どこかで節約しなくてはならない、お金を使うことをがまんしなくてはならない、それが時々辛くなります。 あとは、将来の不安です。 息子の将来と、私の老後、不安ですし、心配です。 心配や、不安を抱えながら生きていくのも辛い。

なんとかなるさ、と開き直るしかないんですけどね。

ダイエットで、甘いものを食べることを我慢しています。炭水化物も我慢しています。
その我慢も辛いです。

我慢だらけです!

今日は愚痴を書きました!
明日から頑張ります。

ご訪問ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました