もし電気が使えなくなったら?食糧危機が訪れたら?

スポンサーリンク




コロナ禍に台風がくる、そして地震があった地方もあります。
平穏な毎日があたりまえではなくなってきました。

台風は地球温暖化の影響で発生しやすくなっている。
だったらもっと電力を使わなければいいのにと息子は言う。

本当にその通りだと思います。

今の人類は、便利な世の中に慣れすぎています。

エアコンは一日中つけて、二人でテレビみて、二人でパソコンやって・・・
うちだって電力使いすぎだよね~なんて話していました。

日本中の人が同じような電力の使い方をしていると思います。

もし電気が使えなくなったら?食糧危機が訪れたら?と考えたことはありますか?

この暑い地球で、電気がつかえなくなったらエアコンが使えなくなったら、どれだけ多くの人が熱中症で命を落としてしまうだろう?
そして自分はその暑さに耐えられるのだろうか?などと考えてしまいました。

食べ物もあふれています。
お金さえだせば、なんでも手に入ります。

いつか食糧危機が訪れたら?

現在のような食べ方を続けていれば必ず将来食糧危機はくると思います。
だって人口がどんどん増え続けているのです。

そして長雨や高温続きで野菜は高くなります。
天候の変化によってあっという間に不作になります。

便利な世の中に慣れすぎた人々。
自分さえよければいいと思う人。

必ずつけは回ってくると思うのです。

今の自分ができること。
食べ残しはしないとか、困っている人を助けるとか、本当に些細なことしかできません。

そして一番大切なのは、日々感謝して生きること。
水がでるからシャワーを浴びれます。
雨が降らなかったらシャワーも浴びれません。

当たり前の普通の日々が、どれだけ感謝なのかをかみしめて生きたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました