コロナと共存、いろんなことをあきらめた夏

スポンサーリンク




非常事態宣言が解除されてから、浮かれてしまった人けっこういたと思う。

職場の近くに海があるのだけど、みんなルンルンして海にでかけていました。
とても楽しそうに。
待ってましたとばかりに。

でもまだ浮かれていてはだめだったのです。

コロナウイルスが再び感染拡大しています。
感染者の数を見て、また海に行く人はいなくなりました。

コロナと共存して生きていくって難しいって思いました。
これがあと何年続くのか?

コロナと共存で、私自身もいろんなことをあきらめました。

今月は楽しみにしていたライブが二つあったのですが、両方中止です。
来年の同じ日まで延期の知らせがきました。

チケットは来年までとっておいてと書かれていたけれど、私はキャンセルをして払い戻しをしました。
来年の夏どうなっているかわかりません。

だからもうコロナが終息するまでは楽しみを作ることをやめました。

友達とランチにも行く気がしません。

第二波は、もっとたくさんの犠牲者が出るかもしれないとか
巨大地震が起こるかもしれないとか、そして実際におこった集中豪雨被害。

これからはまだまだ大変な時代が続くと予想します。

身を引き締めつつ、毎日よく食べよく眠る生活を心がけています。
たぶん今旅行に行っても楽しくないと思うのです。

経済も回復させなくてはならない。
悩ましい夏です。

タイトルとURLをコピーしました