貧乏がせつなくなった日

本日、二本目の記事です。
貧乏があまりにせつなくなったので吐き出したくなりました。

息子がジムを辞めました。
貧乏なんだから、ジムなんか行ってはいけない、本当は大学も行くべきではなかったと言い出しました。

貧乏が、せつなくなりました。

ここまで頑張ってきて、大学は行くべきではなかったなんていう言葉を聞くなんて・・・
国立は、わが家と同じように、貧乏な家庭が多いのかと思っていましたが、そうでもないらしくバイトをやらずに親の仕送りだけで暮らしている子もけっこういるそうです。

親からの仕送りをしてもらっている友人がうらやましいと言った息子。

「ジムはバイト代で行くのだからやめることはないでしょ?」と言ってみました。
授業とバイトで、ジムに行く時間がとれないからやめるそうです。

今度は家庭教師のバイトをすると言い出しました。

今から、私を必死に助けようとする息子に、せつなくなりました。

タイトルとURLをコピーしました