機能不全家庭で育った人は、凶悪犯罪を犯しやすい?

スポンサーリンク




京都アニメーションの放火事件の被害者の方の身元が判明され、家族の元に帰っているそうです。

真っ黒こげになった髪飾りを見ました。
残っているのは後ろの金具の部分だけでした。

ご遺族の思いを思うと、心が痛みます。

週刊〇春の広告を見ました。

京都アニメーションの放火事件の犯人、父親は自殺!母親からは勘当
と書かれていました。

やっぱりと思いました。
普通に愛情を受けて育っていれば、こんな凶悪な事件は起こさなかったかもしれません。

スポンサーリンク

機能不全家庭で育った犯人は、ゆがんだ感情を持ち、こんな犯行をしてしまったのか。

精神病だともいわれています。

冷めた世の中になってしまったと思います。
愛を知らない若者もたくさんいます。

機能不全家庭、わが家もそうでした。
娘にも息子にもいい影響は与えていないのは事実です。

苦しくて仕方ない時、私はクリスチャンになりました。
神様に助けを求めました。

息子が6歳、娘が13歳の時に、三人で洗礼を受けました。
今、私が貧困ながらも、平安に暮らしていけるのは神様に出会ったからです。

神様に愛されていない人など一人もいないのです。

機能不全家庭で育った人は、凶悪犯罪を犯しやすい?

そうかもしれません。

愛を知らない、愛がわからないのです。
人を恨み社会を恨み、間違った方向に進んでしまいます。

三人でクリスチャンとなりましたが、娘は今、神様から離れています。
私もまだ好き勝手に生きているダメダメクリスチャンです。

息子はセンター試験、最後の国立後期試験で、必死に祈ったそうです。

神様助けてくださいって。

そして合格しました。

神様は、祈って助けを求めるものには必ず答えてくださいます。
神様から離れていた息子は再び神様を信じるようになりました。

神様がいるのに、なぜ災害が起こるのか?
それは理由があります。

いつか記事にしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました