国立大学は、貧乏苦学生が多いのだろうか・・

スポンサーリンク




梅雨明けももう少しだと思ったら、台風が近づいているようですね。
やっと頭痛が治ったのに・・・

息子は奨学金をひと月4万円借りることにしました。
アルバイトは今、月に4万円ほどの収入です。

この8万円の収入だけでは、やはりひとり暮らしは厳しいと思います。
寮に入るということも考えましたが、寮は大学に近すぎて嫌なのだそうです。

スポンサーリンク

国立の大学生は貧乏苦学生が多いというイメージを持っていました。

私立は学費が高く、貧困家庭の子は、莫大な奨学金を借りることになります。
なので国公立を選んで入学した子が多いのではないかと思っていました。

息子に聞いてみると、仲良くなった子は、貧乏なのかお金持ちなのかなんてわからないと言っていました。
そりゃそうですね。
見た目でわかるわけはありません。

一人だけ、息子よりも大変そうな子の話を聞きました。

土日はバイト、平日の夜のは他のバイトを掛け持ちしているという子です。
サークルに加入する余裕も時間もないから何も入っていないのだとか。

息子は、わが家の貧乏ぶりを嘆いていたことがありましたが、その子の話を聞いて、もっと頑張っていて大変な環境に子がいることを知り反省したそうです。

奨学金を借りないですむならそれが一番です。

そのバイトを掛け持ちしている友達を、ひそかに応援したいと思います。

その頑張りは必ず報われる日が来ると思います・・ガンバレ

タイトルとURLをコピーしました