時々、たまらなく寂しくなります。

スポンサーリンク




長かったゴールデンウイークも、やっと終わりました。
会社へ行きたくない人多かっただろうな・・・

朝、ごみを捨てに行くと、駅に向かっている人々はみんなだるそうに見えました。
あくびをしている人もいました。

午後、銀行に行くと、長蛇の列。
たぶん病院も混んだと思う。

10連休なんてもうないでしょうね。
でも、退職して、毎日が日曜日になったら連休どころの話ではなくなりますが。

昨晩から、ドーンと落ち込んでいます。

スポンサーリンク

時々たまらなく寂しくなります。

ゴールデンウィーク中は忙しくて、寂しいなんて思う暇はありませんでした。
寂しいという感情になったのは、すごく久しぶりです。

私は一人暮らしではありませんし、息子がいます。
それでも時々、たまらなく寂しくなります。

寂しいという感情は、親から愛された記憶がないからだという記事を見ました。
愛情いっぱいで育てられていないので寂しくなるらしい。

ようするに愛情不足。

愛情不足で寂しくなるのは、たぶん私の娘も散々経験してきたと思います。
18歳で家を出て、たびたび泣いていたらしいです。
娘はよくたえて、乗り越えたと思います。

この寂しくてたまらない感情の解決方法は、親に愛されていた時期を思い出すということだそうです。

誰でも少しは愛されていたはず。
親に愛されていなかったというのは勘違いかもしれないって。
少しでも、私は愛されていたという気持ちを思い出せば、寂しいという感情は起きないそうです。

ふーんそうなのかと思い、その記事を読んだけれど・・・
やっぱり私は父にも母にも愛された記憶がありません。

オバサンが一緒に住んでいたのですが、そのオバサンだけは私をすごくかわいがってくれました。
それを思い出したら、少し心が温かくなってきました。

今、すごく猫が飼いたいです。

妹も、子供が自立して寂しくなり猫を飼い始めました。
猫は寂しさを癒してくれるらしいです。

すり寄ってきてくれる猫が欲しい。

タイトルとURLをコピーしました