国立大後期試験直後、人生終わったと思った・・・

スポンサーリンク

先ほど、夕飯を一緒に食べながら、息子が恐ろしいことを言いました。

実は、今だから言えるけど、後期試験中も緊張で震えが止まらなかった。
今まで二年勉強してきたのに、自分のメンタルの弱さで、実力が発揮できなかった。

自分はもうだめだ。人生終わったと思っていた。

もう落ちたと確信していたと。

えーそうだったの。
そんなに自信がなかったのか。

明るく振る舞っていたからわかりませんでした。
試験後発表までは10日ほどだったか。

生きた心地がしないというのはこういう感じなのだと思いました。

息子は、私よりその思いは強かったと思います。

国立がだめなら私立へ行けばいい。
私はただ二浪を回避できたことに安堵していました。

息子は、私立には行きたくなかったみたいです。
500万以上の奨学金を借りてまで行きたくない大学だったそうで、国立がだめで私立にしていたら、たぶん中退したと思うと言っていました。(私がもっとも恐れていたひきこもりになった可能性も・・)

奇跡が起きたんだ。
神様はいる。

そんな風に言っています。

私はクリスチャンですので神様を信じています。

神様がいるのなら、こんなに頑張ってこんなに苦しんだ息子を、見捨てはしないって思っていました。
父親から洗脳され、父親に支配され、虐待をしつけだと思いこんで父親を慕っていた息子です。

神様は、全部見ている。
一所懸命頑張った息子を見捨てはしない、そう思いつつ、やはり合格発表の日は怖かったです。

不合格だったらどうしようという気持ちではなくて、息子が落ち込む姿をみたくなかったのです。

苦しい二年間でした。
苦しい浪人生活でした。

でも乗り越えたからこそ、これから息子は強くなっていくと信じています。