A判定でも不合格者続出の理由

スポンサーリンク




今年の私大の入試は、大変厳しいものだったといろんな所で目にしました。

息子は、センター利用二校、そのほか二校を受けました。
結果、合格したのは一校のみでした。

スポンサーリンク

A判定でも不合格続出の理由とは?

今日もヤフーニュースで記事になっていました。

やはり定員厳格化の影響だと言われていますが、他にも理由がありました。
それは指定校推薦とAO入試で決めた人が増加したからだそうです。

定員厳格化で、受験が変わっていくということで、安全策をとる受験生が増加しているということでした。
ようするに、推薦枠で人数を確保してしまった分、一般入試の合格者が減ってしまったということ。

それが、厳しい結果となったようです。

私も、息子が小学生の頃から、大学は推薦で決めてほしいと漠然と思っていました。
厳しい一般入試を、体験させたくないと思っていたのです。
そのために私立の小中高一貫校に入れました。

ところが夫の元から、逃げる選択をしてしまいました。
私立中の三年の時でした。

そのまま私立高校に進ませる余裕はなく公立の高校に進ませました。
そして母子家庭がスタートし、今に至ります。

このブログのスタートは、別居直後から書いています。
いろいろありました。

結果的に大変、苦しい二年間を過ごすことになってしまいました。
この苦しい二年間は、息子にとっては良い経験になったとは思いますが・・・

もしもう一人、子供がいたら、絶対に指定校推薦や、AO入試をすすめます。
それだけ浪人生の母は、精神的にきつかったです。

タイトルとURLをコピーしました