ほめて伸びる子、けなされて伸びる子

スポンサーリンク




買い物からの帰り道、息子とすれ違いました。

向こうから、息子に似ている子が歩いてくるなと思ったら、本人でした。(笑)

今春、受験に失敗した時、受験うつになった息子。

あの時から比べて、表情も言動も、ずいぶん変わりました。
本当に明るくなったと思います。

アルバイトを始めたころ、息子は毎日同じパーカーを着てでかけていました。
洋服を買いに行っても、何も買わずに帰宅しました。

なぜだろう?

理由を聞いてみました。

自分に自信がなさすぎて、何を着ても似合わないから、買わずにいたのだそうです。

毎日、毎日グレーのパーカーを着ていた息子。

あんたはドブネズミか?なんていじわるな言葉も言いたくなりました。

でも、見守るしかなかった。

私の友人が、息子と偶然会ったという。

「K君、イケメンになったね。」
そのお世辞言葉をそのまま息子に伝えました。

「お世辞に決まっているだろう」
そういいながらも、息子は嬉しそうでした。

先日、娘が帰省した時、久しぶりに会う弟に向かって、

「かっこよくなったね」と言いました。

この時も、息子は照れ笑いしながらもうれしそうでした。

今まで、けなされて生きてきた息子に、必要なのはこれなんだと思います。

人にほめられるということです。

私は、母からも父からも褒められたことはありません。
なので、自分の子供へのほめ方がわからなかったのです。

もしかしたら、夫もそうだったのかもしれません。

息子も、褒められることになれていません。

スポンサーリンク

ほめて伸びる子。けなされて伸びる子。

人によってまちまちだと思います。

わが家の場合は、けなされすぎて、自己否定の塊になってしまったと思います。

けなされて伸びる子は、芯が強い子。

なにくそ~見返してやると思えるような強い子。

浪人生には、この強さも必要だと思うのですが・・・

タイトルとURLをコピーしました