娘の過食症、封印してきた過去

あるブログ記事を読みました。

過食症、愛されたいという心の叫び、そんな内容でした。
それを読んで、あ~やっぱりと思いました。

娘は、長い間、過食症に悩んできました。

助けてあげることができなかった親、それが私です。

今になって気が付いても遅いかもしれないけれど、娘は愛に飢えていました。
愛されたかったのだと思います。

それを気が付いていながら、どうすることもできなかった私は、過去を封印してきました。

確かに、父親はDVでモラハラでした。

娘への暴言、暴力はひどいものでした。

やめてやめてと、間に入って、止めることはしたけれど、それ以上に手を差し伸べることをしなかったのです。
それは自分自身も暴言、暴力も受けていたからです。
(これは言い訳にしかならないかも)

今、思うこと。
無条件の愛で、娘をもっと愛してあげるべきでした。

寂しかったと思います。

18歳で家を出た娘。
父親からの暴力から逃げるためです。

娘を逃がしてあげた、娘はこれで、幸せになると思っていました。
それが大きな間違いだったことを後で知りました。

毎日、泣いていた
毎日、たくさん食べて吐いていた

そんな事実を後から聞きました。

私に心配かけないように、娘は一人で苦しんでいたのだと思います。
私に心配かけたら、私に愛してもらえない。

そんなふうに思っていたのかもしれません。

私と息子が夫の元から脱出して、もう3年になります。
娘と、やっと正面から向き合えるようになり、和解したのは昨年くらいだと思います。

その頃、娘の過食症は治りました。

両親の愛の代わりに、自分を愛してくれる人が、現れたから。
それも大きいと思います。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク