ドラフト会議で指名されること、ゴールではなくて、新たなスタートです。



f:id:chiisan1116:20171026212543p:plain

読者の皆様、こんばんは。

今日は、プロ野球のドラフト会議でしたね。

帰宅後、ドラフト会議のニュースを見ていました。


清宮選手、中村選手、考えてみると、わが息子と同じ18歳です。
希望にあふれた顔をしていました。

一位指名、それはとても誇りになることです。
親御さんも、さぞ自分の息子は誇りだと思います。

わが息子も、小学校まで野球をやっていました。
将来は、プロ野球選手になるのが夢でした。

中学に入りやめてしまいました。

夢、なりたいものって、変わっていく場合もあると思います。

いくら野球が好きでも、息子の場合はセンスがなかったんだと思います。

プロ野球のドラフト会議で指名される選手は、たぶん並大抵な努力ではなく、血のにじむような練習をしてきたのではないでしょうか?

夢に向かって努力を積み重ねた結果であると思います。

ドラフト会議で指名されること、ゴールではなくて、新たなスタートです。

今まで以上の練習や努力が必要になるわけで・・・
プロ野球、文字通りプロってことで、それでお金を稼いで食べていくわけですから。

消えていってしまう選手もいます。

挫折も味わうこともあるでしょう。

こんなふうに考えると、やっぱり人生って修行の場だな~なんて思います。

試練の繰り返し。

でも試練を乗り越えた時に強くなれる。

そして乗り越えた時の達成感と喜び。

わが息子の試練は、まだまだ続きます。

試練に立ち向かう強さが、少しは出てきたかなと思っています。

父親がいなくても、母子家庭でも、貧乏でも、努力次第で、這い上がれる。
そんな人生をおくってほしいです。

親として、子供の幸せを願わない人はいないと思います。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク