ありがとうを、一日1000回 奇跡がおこる

スポンサーリンク




昨日、報道で、小林麻央さんのお子さんを拝見しました。
二人とも、すごく可愛らしいお子さんですね。

お父さんと一緒に、成田山で豆まきをしたそうで、そのニュースを見ました。

こんなかわいい子たちの、お母さんを奪わないで、奇跡が起こってほしい、と思いました。

小林麻央さんのブログに書かれていた言葉です。

スポンサーリンク

ありがとうを一日1000回言うと奇跡がおこる?

麻央さんは10回で涙がこぼれたそうです。
ありがとうという言葉は、とても力があるのですね。

麻央さんは、今でも。毎日、ありがとうの言葉を、言い続けているそうです。

ありがとうは、感謝の言葉です。

何気ない普通の毎日が、どれだけ感謝なことか、
病気をするとわかります。

貧乏でも、三食ご飯を食べれます。
お風呂も入れます。

自分の足で、外出もできます。

楽しく仕事も、できます。

全てが、感謝な毎日です。

でも、忘れてしまうのですよね。
そしてつい不平不満を言ってしまったり。

息子が、ご飯を食べる前に、大きい声で、いただきますというようになりました。

実は、お恥ずかしい話ですが、元わが家では、いただきますもごちそうさまも言っていませんでした。

それは、DV夫の家での習慣でした。
元わが家は、周りにびっしり家が建っていて、家の中の会話も、隣に、全部聞こえてしまうのです。

それがいやで、夫はいただきますもごちそうさまも言うなって・・・

それから、ただいまやお帰りなさいも、言ってはいけなかったんです。

帰宅したことを、わざわざ近所に教えるなという理由でした。

おかしな話です。

そんなわけで、子供たちには、このような間違った教育をしてしまいました。

息子と二人で暮らすようになっても、おかえり、ただいま、いただきます、ごちそうさま、という言葉をいうこともなく
無言でした。

ましてや、ありがとうの言葉なんて皆無でした。 長年の習慣って、恐ろしいですよね・・・

DV夫と暮らした23年。
息子にとっては17年。

長い期間、間違った生き方をしてきたと思います。
少しづづでも、塗り替えていけたらいいな、と思っています。

ご訪問くださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました