もっと、おしゃれをしろよ!

スポンサーリンク




もっと、おしゃれをしろ、よくDV夫に言われた言葉です。

おしゃれ?
女なんだから、きれいにしたい、おしゃれをしたい、
そんな気持ちも願望もずっとありました。

でも、貧乏になってから・・
自分の洋服なんか買う余裕は、ありませんでした。

子供たちを私立に入れ、飛んでいった高額な学費。
それでも、外で働くことを許してくれなかった夫でした。

月一万円くらいの内職で、しのいでいたこともありました。

スポンサーリンク

その内、生活費の額も減らされ、学費が滞ることもしばしばあり・・・ 夫に内緒で働きに出ました。 今から10年前のことです。 そう、私はもう10年以上も貧乏生活をおくっています。 (子供たちを私立に入れた間違いからはじまったわけですが)

おしゃれどころでは、ないのに、
お金のやりくりが大変な生活だったのに・・・

夫はよく、隣の奥さんと私を比べました。

いつもきれいな恰好をしている
いつもおしゃれをしている。
おまえも、あれぐらいできないのか。

そんなふうに、しょっちゅう言われていました。

どこにそんなお金があるの、そんな言葉も言えずに、黙っていました。

今日も、数年前に買ったコートを着て東京へ行きました。

コートにも流行りのスタイルやトレンドがあるのですね。

自分の古臭いダウンのコートが、なんだか恥ずかしくなりました。

それで、ちょっとショッピングモールをのぞいてみました。
見るとほしくなり、何着か試着してみました。

ネイビーのほしい形のコートが5000円で売っていました。

クレジットカードを使えば、買える!
そう思い、その場で10分ほど迷いました。

そして、結局、買うのをやめて帰ってきました。

これ以上、借金が増えてどうする? 再来年は、息子の受験が控えてます。 たくさんのお金が必要です。 それまでは、やはり、がまんしよう、 そう思いました。

いつか借金をすべて返し、
息子が無事、大学へ進学するまでは、がまんがまん、
あともう少しの辛抱だ!
そのように自分に言い聞かせました。

がんばる目的があるからがんばれます。

最後まで、読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました