貧乏母子家庭の現実

スポンサーリンク




a0001_000506

今日も、寒い一日でした。
気温が低いと心まで寒くなる?!

仕事がお休みで、部屋の片づけ等いろいろやる予定でしたが、何もやる気がしません。

外はいいお天気っぽいです。
この部屋、外のお天気もわかりません。

洗濯ものも、日が当たるのは一時間のみです。

(_;

焦って、物件を借りるとこういうことになります。
2DK 2DKと、広さだけを求めて・・
いろいろ見なかったこと、すごく反省しています。

でもこの広さで、駅近で、5万円という物件は、他にはないと思います。
安いというのは、何か理由があるのですね。

とりあえず、2DKに引っ越すという小さな夢はかなったので、
今度は日が当たる、ポカポカした温かい部屋に引っ越すことを目標にしたいです。

その他も、こんなはずではなかったと思うことが多発しています。

まず暖房、壊れていたことが判明しても、
まだ取り換えに来てくれません。
電気屋さん、忙しいのでしょうか・・・

電気ストーブ一台で、寒さをしのいでいます。

そしてテレビ
ケーブルテレビに申し込んで、工事に来てくれたのですが、
この部屋は電線がきていない、取り付けできないと言い帰ってしまいました。

泣きたくなりました。

営業の方は、大丈夫、明日にでもつながりますと言っていたのに・・・
三日、待たされたあげく、電線にあきがない?! なんて・・・
聞いてないですよ~~

そして、テレビもインターネットもつながらないまま過ごしていると

息子がイライラ、
インターネットの授業が受けれないからです。
テレビも見れない
インターネットもつながらない
寒い

この三重苦で、私もイライラです。

スポンサーリンク

そして喧嘩ばかり。 これが貧乏母子家庭の現実なの? なぜここまで、うまくいかないことばかりなのか・・・

ケーブルテレビ(ジェイコム)は、あきらめて
フレッツ光や、ソフトバンク光に問い合わせてみると

工事はすべて年内は無理ということでした。

結局、貧乏母子家庭に、ジェイコムはぜいたくだったのかも~

勉強ができないのは困るので、先ほど、量販店に行き、モバイルWi-Fiに申し込みをしてきました。

ジェイコムより、ソフトバンクひかりより、毎月の料金は安く、
貧乏母子家庭には、これでいいのだと自分に言い聞かせました。

インターネットは無事開通したけれど
速度がかなり遅いらしいです。

私は感じませんけど、息子がイライラしているっぽいです。

そして、テレビは、
管理会社の人がエアコンのことで、ちょうど訪ねて来たので

「今すぐテレビを映してください。
入居時は、テレビもエアコンも問題ないとおっしゃってましたよね
なんとかしてください」
とわがままを言ってみました。

寒さに震える親子を見て可哀想に思ったのか その方はホームセンターに走り部品を買いに走ってくれました。 そして悪戦苦闘すること一時間、テレビはやっと視聴できるようになりました。

テレビが見れると感動したのもつかの間。
今度は録画ができないとわめく息子。

またまた喧嘩勃発。

「もう勘弁してよ。
普通、こういう電気関係は男がやるものでしょ。
お母さん、もうわからないよ
もう疲れたよ。」

そう言い、自分の部屋に引きこもっています。
(引き込める部屋があるのはいいですね)

主夫がいないと、
大黒柱かいないと
男性がいないと、
こんなにこんなに大変なんだと、実感しています。

冬は始まったばかりなのに~
貼るが待ち遠しいです。

ご訪問くださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました