心配しすぎ?息子のこと、私から離れて正解だったかも。

スポンサーリンク




体調を崩して3人がお休み、人の分まで働いてとっても疲れました。
帰宅後、ベッドに横になったら30分くらいウトウトしてしまった。
これが最高に気持ちいいのです。

心配しすぎかな?息子の事

不器用で、コミュニーケーション能力が低いと自覚していた息子が、和食レストランのホールのアルバイトを始めた。
できるわけない、むいていないと、私は思っていたのです。

怒られてまた自信をなくさないといいけれど~と心配していました。

息子は16歳で初めてバイトを経験した、それが引っ越し業者の助手です。
日当1万円という高給バイトなので、それなりこきつかわれたようです。

何回か頑張って行っていたけれど、その内、疲れきってかえって来た。
「こいつ、使えない!」と面と向かって言われたらしいです。
ひどいなと思いました。

そうでなくても自己肯定感が低い息子です。

引っ越しのバイトがトラウマになっている息子

それで引っ越しのバイトはやめたのですが、すっかり自信をなくした様子です。
その後、いろんなバイトを経験、郵便局、家電量販店の品出し、スーパーの品出し、家庭教師、塾講師、派遣で工場勤務などです。

一番長く続いたのが、スーパーの品出し、この仕事は孤独だからいやだと言ってやめました。
人間関係が煩わしい人には、向いていると思うのだけど・・ただ黙々と品物を棚に並べていくだけなんで。

社会人になるまでに、サービス業を経験しておきたいからと始めたホールのアルバイト。

バイトは続いているの?と聞いてしまいました。

そんなに大変な仕事じゃないよ~と返信あり、続いていました。
23歳になった息子、もう子供じゃないんですよね。
私から離れて、本当に正解だったと思う、目の前にいたら、心配して口出してしまう。

私が思っていた以上に、息子は自立し、大人になっていた。

嬉しいような寂しいような気持ちです。
もう息子が心配は手放さなければと思います。

タイトルとURLをコピーしました