老後は来ないかもしれない、今を楽しむべき?

スポンサーリンク




3月に入り、温かい日が続いていましたが、今日はちょっとひんやりしていました。
もうすぐ春です、鏡に映った自分を見て、なんだか小汚いオバサンだと思った。
やっぱり1500円カットは失敗だったな。

そして、顔のしわも日に日に増えていくように感じます。
このまま節約節約で、貧乏のまま人生を終えることになるのか。

戦争も終わらない、コロナも終わらない。
そしてウクライナ侵攻によって、世界の経済は悪くなっていくらしい。
もちろん日本も影響を受けるでしょう。

老後は来ないかもしれない

時々そう思います、これからも何が起こるかわからないし、糖尿病の合併症になる可能性だってあります。
このままずっと元気でいられるとは限らないのです。

いろんなものを削ってまで、老後資金を貯めなくてはと思っていたけれど、違うかなと。

今を楽しむべき?

春になったら、もうちょっときれいな恰好をしたい、新しい洋服も買いたい。
別居時に購入した安い布団も買い替えたい。
糖質制限をしながら、もうちょっと美味しいものも食べたい。
そして日帰り温泉にも行きたい。

もっと楽しんでもいいよねという気持ちになってきました。

親戚に生涯独身のおひとり様がいたのですが、それはそれは質素な生活をしていて、老後資金もたっぷりためていたと思います。
それなのに、50代でガンになり、早世してしまったのです。

親兄弟もいなくて、子供もなし。
せっせと貯めた老後資金や、他の財産は、姪っ子が相続していました。

その叔母さんを思い出すと、一日一日をもっと大切にしようって思います。

タイトルとURLをコピーしました