30年ぶりの一人暮らし、あの頃と違うこと

スポンサーリンク




帰宅してしばらくはベッドでゴロゴロ、そのまま寝てしまうこともあります。
異常な疲れ・・・早く涼しくなってほしいです。

私は結婚直前の29歳の時に一人暮らしをしていました。

29歳まで実家暮らしだったのです。

29歳まで実家にいるとさすがにいづらくなり、一人暮らしをスタートしました。

30年前もベッドがあり、チェストの上に小さなテレビがあって、実家の自分の部屋をそのまま持っていった感じでした。
スマホのない時代、電話機を無造作に床に置いていました。

同じようなワンルームで、夢をもって生きていた29歳の私。
あの頃は、会社の同僚と飲みにいくこともしばしばあり、自炊なんてほとんどしていませんでした。
飲み歩いて終電で帰宅したり、しょっちゅう旅に出て、とにかく好きに生きていた。

22歳の時に大失恋をし、それからいろいろ出会いはあっても、好きになることはなかったのです。
そして夫と焦り婚をして、私の人生は大きく変わってしまいました。

女の人生は結婚した相手で大きく変わるって、実感しています。
選んだ相手がモラハラDV夫、苦労苦労の結婚生活でした。

30年前と違うこと

あたりまえだけど、身体がボロボロ。
寝なくても全然平気な20代、そして毎日が楽しかった。

30年前は結婚が人生のゴールだと思っていたけど、ゴールではなく第二の人生のスタートだったんですね。

60歳の私は二人の子供という犠牲者を出してしまったという負い目があります。
(でも二人とも頑張ってます)

そして今は終わりにむかって生きている。
あと何年生きるかわからないけれど、ご老体にムチうつって働き続ける予定。

今日の夕飯はおしゃれでもなんでもないワンプレート。
シナモンシュガーを100均で買ってきてシナモントーストにしました。
丸いのはチーズハンバーグです。

そして目玉焼きをレンジでやってみた。
やはりきれいにはできません。

好きなものを好きな時間に食べる、これ一人暮らしの特権です。

ではまた・・・

タイトルとURLをコピーしました