娘のお雛様は何年も押し入れの中

スポンサーリンク




もうすぐ桃の節句3月3日がやってきます。
写真の立派なお雛様はある場所で展示されてたもの、立派なつくりに思わず見とれてしまいました。

この時期になると娘のお雛様を思い出し、とても申し訳ない気持ちになります。

娘のお雛様はもう何年も押し入れの中で眠っています。

元わが家の押し入れの中においてきちゃいました。

娘が中学生になるころまでは、毎年ちゃんと出して桃の節句のお祝いをしていました。
夫のDVやモラハラがひどくなってからは押し入れからは出せずにいました。

娘の大事なお雛様でさえ、夫は壊そうとしたからです、

しまうのが遅くなると、婚期が遅れるという言い伝えを聞いたことがあります。
これずっと気になっていて、わが家のお雛様は押し入れから出すこともしなかったわけですから、娘が結婚できなかったらどうしようなんて不安もありました。

何よりも、真っ暗な押し入れの中で眠らせているお雛様ごめんなさい。

婚期が遅れるのではの心配をよそに、娘は27歳で結婚できました。
正直とってもホッとしています。

今度はもうすぐ母親になるわけで、それもまた心配だけど。
自分が60歳でおばあちゃんになれるとは思っていなかったので、意外な展開です。

もうすぐ会える孫、また一つ生きていく楽しみが増えました。

タイトルとURLをコピーしました