新型コロナ流行で、会えなくなった人々

スポンサーリンク




新型コロナ第三波は、中高年の感染者が増加しているそうで、ドキッとします。

そんな中で何かおかしい、命より大事なプレミアム商品券?
ニュースを見て、どうかしていると思いました。

千葉県柏市のプレミアム商品券の発売に1000人の大行列、三密もいい所です。
あげくの果てに発売中止、それに文句を言う人々をうつしていました。

自分はコロナに感染しないという自信があるのでしょうか。
10000円買うと12500円分の商品券を手にすることができるというもの。
確かにお得だけれど、三密の中必死になってでも買うべきものでしょうか?

横須賀の場合ははがきで申し込みをして三密にならないように販売所は分散していました。
行政もちゃんと考えるべきだと思います。

新型コロナ流行で会えなくなった人々

まずは別居中の夫、別に会えなくてもいい人ですが、コロナ禍の中必死に生きていると思う。

次は40年来の親友、今年は一回も会えていないです。
親友も親友の旦那さんも、がんを経験しています。
コロナ感染で重症化する確率は高く、未だに不要不急の外出はひかえているのだそうです。

コロナが収束したら会おうね
この言葉いつ実現するのだろう?

常連のお客様たち。
さっきお風呂の湯舟につかりながら、いろんな人の顔を思い浮かべてみました。

コロナが流行しだして、一回も買い物に来ていないお客様が何人もいます。
みなさんどうしているのか。
元気なのでしょうか。

ただステイホームで家にひきこもっているのかもしれない。
どこかの施設に入ったのかもしれない。
それとも・・・。

消息は不明。
何かの縁で出会って毎日のように会っていた人々と会えなくなった今年。

人の人生って別れは突然やってくると感じました。

自分だっていつどうなるかわかりません。
早く老前整理をすすめなくてはと思ったのでした。

一日一日を大切に生きたいです。

タイトルとURLをコピーしました