職場スーパーに70歳の男性が面接に来た!採用された理由

スポンサーリンク




職場のスーパーでのパートさんの入れ替わりが激しいです。

今年はとくに・・・。
コロナ禍で精神的に耐えられない人はやめていきました。
全体的に5人はやめたと思います。

親の介護という理由でやめていった人も二人います。

レジの募集で、だいぶ前に70歳の女性の応募がありました。
残念ながら採用されませんでした。
採用されたのは20代の若い二人です。

やっぱり会社側も長く働いてほしいのだと思います。

先日は70歳の男性が面接にきました。
もう60歳や65歳で定年は一昔前の話なのでしょうか。

生涯現役とか?
70歳を過ぎても働いている方がたくさんいるのかも。

70歳の男性が採用された理由は?

今回の募集はお寿司コーナーでお寿司製造のパート。
70歳で男性?たぶん採用されないだろうなと思っていたのですが、思いに反して採用が決まりました。

人出不足ということ。
そして70歳男性が経験者だったからという理由でした。

すし職人だったそうです。
それにしても70歳にしてパートで働くという男性。
いろいろ事情があるのかもしれません。

寿司コーナーで現在働いているのは50代から70代の女性ばかりです。
そしてお寿司は機械で握っています。

70歳の元すし職人さん、はたしてうまくやっていけるのでしょうか?

定年を過ぎても働きたいという場合、経験者は優遇されるということなんですね。
職場のスーパーは60代も70代もたくさんいるので心強いです。

70歳までは働きたいと思っています。
でも自分が一番年上になるのはいやです。

タイトルとURLをコピーしました