「ひとりの時間が僕を救う」大学生ユーチューバー、パーカーが本を出版

スポンサーリンク




ぼっち大学生のパーカーさんをご存知でしょうか?
いつも着ているパーカーがトレンドマークになっています。

昨年の秋ごろから私もパーカーさんのYouTubeを見ていました。
つい最近、チャンネル登録数が43万人を超えていて超人気ものになっていました。

そのパーカーさんがひとりの時間が僕を救うという本を出版されることになったそうです。

パーカーさんはこの本のタイトルにある通り、ひとり時間が大好きなぼっち大学生です。

そして自らを、コミュ障で人見知りと言っています。

パーカーさんは神戸大学という国立大生で、母子家庭で育ちました。
貧困母子家庭で育ち、国立に通う、兄弟はお姉さんが一人。
コミュ障で人見知りなど、うちの息子と境遇がそっくりなのでYouTubeを楽しみに見ていました。

最近のYouTubeの動画では、お母さんとお姉さんにすき焼きを作って待っているという優しい一面を見ました。
それにしても本を出版されるとはすごいです。
チャンネル登録数43万人もすごいですが。。。

パーカーさんは本当にひとりの時間を楽しんでいます。
ちなみにうちの息子もパーカーさんの動画を見ています。

もしかしたら、パーカーさんはぼっち大学生の希望の星なのかも。
自炊もちゃんとしている大学生の暮らしをみることができます。
これからどんな生き方をしていくのか期待して動画を見ようと思っています。

タイトルとURLをコピーしました