息子がまたまた大事な物をなくす・・・

スポンサーリンク




クリスマスイブの夜に友達の家に泊まった息子は、どうやら徹夜でゲームをしていたようです。

次の日の朝に帰宅、爆睡して大事な家庭教師のアルバイトに行きませんでした。
喉が痛いと言い、風邪をひいたからとお断りの電話をいれたそうです。

(家庭教師のバイトって、そういった連絡は、その家庭に直接電話を入れるようです。)

ま、たまにはいいかと思うのですが。

スポンサーリンク

息子がまたまた大事な物をなくしました。

またまたというのは、夏には大学の学生証をなくしました。
どこで落としたか覚えていないという。

結局2000円くらい払って再発行です。

今回なくしたのはアパートの鍵です。
ズボンのポケットに鍵のみを無造作に入れていたらしい。

今まで落とさなかったのが不思議です。

ADHD、つまり注意欠陥多動性障害気味の息子。
20歳になりさすがに多動はまったくなくなりましたが、注意欠陥の方がちょっと心配なレベルです。

鍵も大学の学生証も悪用される恐れのあるものです。
また作ればいいと安易に考えていた息子に小言を言いました。

自分は物をなくしやすい性格だとわかっていたら、なくさない工夫を考えなさいと。

人の話が理解できない時はメモをとる対策をしています。
今度は物をなくさないようにする対策が必要だと言ったのです。

社会人になって、会社の大事な物をなくすのではないかと、ちょっと心配になっています。

タイトルとURLをコピーしました