息子がいない夜 四日目

スポンサーリンク




スポンサーリンク

息子がいない夜、四日目です。

もしかして、息子が生まれてからこんなに離れているのは初めてかもしれません。
中学や高校の修学旅行は三泊四日で四日目には帰ってきましたからね。

一番のメリットは夕飯の心配をしないですむこと。
息子は、案外うるさいのです。

野菜を食べたいとか、インスタントのハンバーグは買うなとか、納豆、豆腐は切らさないで等々。

それでも、夫に比べれば可愛いものです。
夫は一汁三菜を必ず求めてきました。

たとえばカレーライスの日、おかずがないと怒り出す。
カレーライスの日って、サラダがくらいでいいと思いませんか?

私は小さい時から、カレーの日はサラダだけでしたので、その通りにしていましたが、夫は肉や魚などのメインメニューがないと怒り出しました。

結婚って我慢だなんてその時思いました。

息子がいない夜、四日目ですが、寂しいという気持ちは全くないです。

これは息子があさってには帰ってくることがわかっているからかも。
自立してこのアパートを出て行ったら?
やっぱり寂しいと思います。

今日は、仕事はお休みでしたのでほぼアパートの一室にこもっていました。
白髪が目立ってきたので、ヘアカラー剤を買いに行きました。

外出はそれだけで、あとはこもっていたわけですが、さっき独り言を言っている自分がいました。

そして気が付きました。

今日は、誰とも一言も話していない!

話す相手がいないから、独り言をつぶやく。
危ないオバサンだ・・・

早く仕事に行きたいと思いました。
やっぱり私は、外に出て人と接していないとだめです。

誰かと話したいって今すごく思っています。

タイトルとURLをコピーしました