息子は、発達障害だから友達ができないと思っていました

スポンサーリンク

息子の発達障害を疑ったのは、息子が中学生の時です。

「自分は他の子と違う、どこかおかしい、病院へ行きたい」と言い出したのは息子の方でした。
私は、その頃、初めて発達障害という言葉を知り、本を買って勉強しました。

自分は発達障害ではないそういう確信が欲しかった息子に、発達障害グレーゾーンの診断がくだりました。

病院の帰り道、悔しそうに靴を地面にたたきつけていた息子。

「なんで、普通に生んでくれなかった?」と私を責めました。
あの時は本当に辛かった・・・

その時息子は、その診断を受け入れることができずに、通院も投薬もしませんでした。

中学二年の頃の話です。
中二病も重なって、荒れていました。

その後、高校に入り、自分は発達障害かもしれないという不安を持ったまま、ビクビクして過ごしました。
このブログには、そんな時代のこともいろいろ書いてきたと思います。

コミュニケーション能力がないと悩んだ時もありました。

「嫌われる勇気」

「思考の現実化」などの本を読んで、自信をつけようと努力をしていました。

高校で友達はできたけれど、自分から離れて、卒業式にはひとりぼっちになっていました。
傷つくのが怖いから、友達が離れていくのが怖いから、自分から離れた、私にはそう見えました。

息子は発達障害だから、友達ができない

私はそう決めつけていました。
そして息子の将来が心配でした。

そして受験失敗、受験うつと悪夢のような日々が続きました。
悪夢は今年の春で、やっと終わりました。

大学に行っても友達ができないのではないか?

私はまたまたそんな心配をしていました。

自分は発達障害かもしれない、息子が出した結論は・・・
今日は、天気予報通りの大雨。 職場は暇でしたが、帰宅するのが大変でした。 ちょうど暴風雨になっていたからです。 帰宅すると息子は、アルバイトに出かけていました。 息子は大学生になり、すごく変わりました。 自分は発達...

息子は自分で乗り越えていました。

私は自分の言葉でも、息子を追い込んでいたと今、反省しています。

「あんたなんか産まなければよかった」

「お父さんにそっくりだね」

「お父さんの所へ帰りなよ」

息子は暴れて当然です。
暴れたくなるような言葉を私が言っていたから。

いくら悪夢のような日々でも、母親として言ってはいけない言葉だったと思います。
人から見れば、毒親です。

母親の言葉って、すごく重要だと思います。
母親の言葉がけで、子供はよくも悪くも変わっていくと思います。

私はそれがうまくできなかったけれど、息子は自分で乗り越えてくれました。
そしてこんな毒親を許してくれています。