10連休を終えて、会社を辞める人続出

スポンサーリンク




今日、職場に向かう途中の駅で、高校生があふれていました。
私がのるバスも、いつもより混んでいました。

電車が止まっているのかなと思いながら、職場に向かう。

職場につくと、同僚が疲れた顔してやってきました。

○○駅で人身事故、いつもの電車止まっていたので、遠回りしてきたと話していました。

スポンサーリンク

10連休終えて、死にたいほど会社に行きたくない人がいるって聞いたけれど、本当に死んじゃう人がいるんだね

ともう一人の同僚が言う。

人身事故で亡くなった方は、会社員なのか高校生なのかわかりません。
でも、会社にしろ学校にしても死にたいくらい嫌だったのかもしれません。

10連休は、浮かれている人ばかりではありません。

10連休中に、会社を辞めちゃう人がたくさんいるそうです。

昨日、テレビで見ましたが、退職代行業なるものがあるそうです。

本人に代わって、退職の手続きをしてくれるそうです。
この連休に依頼が殺到したそうです。

会社を辞めたいと、退職代行を依頼してくるのは20代の若者が多いそうです。

10連休もしちゃうと、もう嫌な職場や学校へ行くのが嫌になっちゃうのかもしれません。
そう思うと、10連休は罪だって思う。
休み過ぎで、リズムが狂っちゃうだろうし。

それにしても、いやだからと退職代行サービスにお願いして会社を辞めてしまう若者は、これからどうするのだろう?

他に自分の居場所があるかもしれないと、転職をする若者は増え続けているそうです。

タイトルとURLをコピーしました