受験生だけでなく、親も神経ピリピリです。

今日息子は、私立大学の受験に行きました。

本命ではないので気楽にと思っていましたが、息子は神経がピリピリしていました。

神経がピリピリするのは、受験生本人だけでなく親もピリピリです。

私も、ずっと心が休まるひまがなく、なんだかイライラしています。

今日、知り合いの80代女性と話しました。

その女性のお孫さんも大学受験真っただ中ということでした。

受験生本人よりも、親の方が神経がピリピリしているそうです。

それを聞いて私だけではないのだと思いました。

その方の場合、私のように母子家庭ではなく両親がそろっています。
それでも神経がピリピリするのはやはりお金のことだそうです。

どこの私立に決まるかわからない。
初年度納入金を用意しなくてはならない。

そして手続き完了日がそれぞれ違います。
うっかりミスで合格しても入れないなんてこともあり得るのです。

国公立大学志望の場合、すべり止めの私立大入学金は捨て金になってしまいます。
去年、はじめてそれを知り愕然としました。
大学はそうやって儲けているなんて話も聞いたことがあります。

わが家の場合も、そのすべり止めの私立の入学金を納入することになると思います。
30万近いお金が消えていくかもしれません。

待ってくれる大学なんて、ないそうですね。

貧困母子家庭の母親として、おかしいよと声を大にして言いたいです。
でも息子の将来のためには仕方ないとどこかであきらめています。

ブログにご訪問ありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。