ひとり親家庭の子は、なぜ暴れるのか?

スポンサーリンク




最近、父親不在を重く感じることがたびたびあります。

一番はお金のことです。

夫がいたら、予備校にも行かせてあげれたろうし、志望校も国公立のみなんて決める必要もなかったわけで。

スポンサーリンク

ひとり親家庭のお子さんは、みんな苦労をしているのだろうなと思います。

息子は時々、貧乏な家に生まれたくなかったと言います。
娘もそう思っているはず。

裕福でなくても普通の家庭で生まれたかったと、思うのは当然のことだと思います。

某掲示板で、一人親家庭の母親が、18歳の息子が暴れて困る、どうしたらよいかという相談を見ました。

あ、私がこんな相談したっけと思うほど、わが家の状況によく似ていました。

暴れて物を投げる
暴れてドアや壁に穴をあける
突き飛ばされてケガをした

そんな内容でした。

わが家もおととしから昨年にかけて、息子は頻繁に暴れました。

ひとり親家庭の子は、なぜ暴れるのか?

もちろんいい子だってると思います。
それは、親が一人でも十分な愛情を注いだからなのでは?

息子も娘も、愛情不足で育ててしまったなと思います。

私は、たびたび追い出されて、家をあけることも多かったです。

息子が暴れたのも、その相談者さんのお子さんが暴れるのも、理由はただ一つ、寂しいからだと思います。

子供にとっては、普通に両親がいて、平凡な暮らしでも仲の良い家族がいる。
それが望ましいことだったと思います。

息子は、もう暴れなくなりました。
ちょうど反抗期とも重なっていたのかもしれません。

息子は19歳になったのに、寂しいからひとり暮らしはしたくないと言っています。

心の中の寂しい思いと、愛情不足はいつになったら解消されるのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました