私は冷たい母親なのかもしれません

スポンサーリンク

この2DKのアパートに息子と二人でいると息がつまりそうになります。

かれこれ半年、息子はほぼひきこもりに近い生活をおくってきました。

なので、私は今、仕事へ行くことが気分転換になっています。

母親と介護している同僚がよく言っていました。

介護の気分転換で仕事に来ていると。

その同僚は、生活していけるだけの十分な年金をもらっています。
それなのに、働いているのは、母親から離れる時間が欲しいからだそ

その気持ちすごくよくわかるようになりました

私は冷たい母親なのかもしれません。

時々、すごく一人きりになりたくなります。

息子がアルバイトに行くとホッとします。

でも今日は、仕事中にいろいろ考えました。

やはり息子も娘も愛情不足だと。

愛情不足だから、普通に生きられないのかなって。

今から間に合うのかはわかりませんが、とにかく愛そうと思います。
愛そうと思って、愛すことができるのかはわかりません。

前にも書いたけれど、私は母に愛された記憶があまりないのです。
だから、愛し方がわかりません。

それが正直な気持ちです。

自分のできることをしようと思い、今日は息子の好きな豚汁を作りました。
それから、豚肉の生姜焼きを作りました。

普通に会話をしました。

こんな普通の食事、普通の会話なのに。

息子は、お母さん、なんで今日は優しいの?と言ってきました。

ドキッとしました。

私は本当に冷たい母親だったんだなと思いました。

気が付いたことから治していくしかないと思います。

だめ母のひとりごとでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました