あの家で暮らした過去が、怖い

スポンサーリンク

この猫ちゃん可愛すぎ!!
画像は写真素材サイトからお借りしていますが、いろんな猫ちゃんがいます。

中には、とてもこわい顔の猫もいます。

私の母は、認知症です。
まだ軽い方で、自分のことは自分でできますし、高齢者住宅での暮らしを楽しんでいます。

母が、認知症になり、ショックでもありましたが、良かったと思うこともあります。

それは嫌な過去を全部忘れていることです。

私が、別居中で息子と二人で暮らしていることも毎回忘れています。
旦那さんは元気?なんて毎回聞いてきます。

めんどくさいので、うん元気だよと答えます。

嫌な過去をすべて忘れられるのって、ある意味うらやましかったりします。

私は、まだまだ思い出すと心臓がドキドキしたり、胸が締め付けられそうになることがあります。
何よりも、あの家に帰るのが怖いです。

帰ることはもうないと思いますが、私と子供たちの思い出のものが置き去りにされています。
娘が中学時代と高校時代のアルバムを取りに行きたいと言います。

お母さん一緒に取りに行こうと言うのですが・・・

怖くて行きたくないのです。

夫が怖いのではなくて、あの家で暮らした過去が怖い。

その過去を全部忘れらる日ってくるのだろうか。

まだまだ時間が必要みたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました