なんで俺を生んだんだ?!



息子が苦しくなると、よく口にする言葉です。

なんで俺を生んだんだ?!

この言葉は、裏を返せば生まれてこなければよかったということです。

つらくて。
苦しくて。
怖くて。
不安だらけで。

今の状況から逃げ出したいから?
裏を返すと、生まれてこなければよかったという言葉になります。

でもこのなんで俺を生んだんだ?という言葉は、生んだ母親にとっては非常につらい言葉です。

思わず、生んでごめんねと言ってしまいましたよ。

息子と話し合い、浪人もありだよということになりました。
ホッとしたみたいです。

私がよく思うこと。

娘も息子もよく生きていてくれたということです。

二人とも死にたいと思ったことは一度もないと言っていました。

どんなにつらくても生きていていれば、必ず良い時がきます。

もしこのブログを若い方が読んでいたら・・・

お母さんに、なんで俺を、なんで私を生んだんだという言葉を言わないでくださいね。

お母さんとてもつらいと思います。

ま、息子もそれだけつらいのだと思いますが・・・

受験が終わるまで、グチグチのブログ記事になると思います。
すみません。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク