発達障害と、気づかずに生きている人もいます



f:id:chiisan1116:20171006234613j:plain

夕方から雨になり、焦って帰宅しました。

洗濯ものが濡れてしまったとあきらめモードで家に着くと、息子が入れてくれていました。

(´▽`) ホッ

今日も、発達障害についてを書きます。

私の職場の同僚に、発達障害だと思われる人がいます。

私より先輩で、そして私とは同い年の56歳です。

この方、いろんな所をクビになり、今の職場に収まりました。

とにかくミスが多いのです。
レジの金額があわないのはしょっちゅうです。

それでも、今の職場は寛大なのか、クビにしません。

彼女は、自分が発達障害であるということを気がついていません。

もしかしたら発達障害という言葉を知らないのかもしれません。

1000gの未熟児で生まれたそうで、自分は頭が弱いと、笑いながら話しています。

職場の周りのみんなが、発達障害ではないかと噂しています。
ADHD注意欠陥多動性障害ではないかと。

大人なので、多動はありません。

忘れ物がひどい。
社員証や保険証など大事なものを、しょっちゅうなくす。
レジ業務なのに、お客さんにお金をもらわなかったこともあります。

なぜクビにしないんだろうと言っている同僚もいます。

私は、いつもとなりでレジをしています。

彼女は、マイペースでレジを打っています。
(遅いというクレームがあったことも)

ニコニコ笑いながらです。

隣にいて、わかりました。

そんな彼女にも、ファンがいるのです。
彼女のレジにしか、ならばないお客様もいるくらいです。

自分は頭が弱いと言いながら、マイペースで仕事ができる天性の天然なのかもしれません。
そんな天然さに癒されるお客さまもいるのです。

何が言いたいのかと言うと、たとえ発達障害だとしても、必ず良い所はあるということです。

一生懸命やっています。
心は純粋な人だと思います。

ここクビになったら、もう雇ってくれる所はない、そんなことも自覚しています。

誰にでも長所、良い所はあるのです。

私は、息子の良い所を見てこなかったなぁと最近、思っています。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク