貧困母子家庭の大学生

スポンサーリンク




あさってからいよいよ社会人となるMちゃん。

すごくドキドキしていると言っていたけれど、大丈夫かな?

不倫の末に、シングルマザーとして生きる選択

この記事に書いたMちゃんは、3日から、ある都市の福祉課で働くことが決まっています。
社会的に弱者の立場から、今度は社会的な弱者を助ける仕事をしていく道を選びました。

Mちゃんの彼氏が、息子の目標としている国立大学の大学生であることを知りました。
偶然といえども、びっくりしました。

スポンサーリンク

その彼氏、Y君も、貧困母子家庭で育ったことを聞きました。今、大学4年生です。

Y君のお母さんも、シングルマザーとして二人の子供を育てたそうです。
お兄さんは、社会人だとか。

やはり貧困母子家庭はお金に余裕がないので、大学へ行くことをあきらめてしまうか、
勉強をがんばって国公立を目指すかのどちらかなのだと思います。

参考になるからとY君の話をいろいろ聞きました。
高校時代は、一日5時間以上勉強したこと
大学に入ってからも、勉強勉強の毎日だということでした。

息子が、直接連絡をとり、いろいろ聞きたいというので
ラインの連絡先を聞くと、快く教えてくれました。

たぶん、息子は、いろいろな生の情報を教えてもらっているのだと思います。

心が壊れたの?と心配するくらい、弱気発言だった息子が、また立ち上がりました。
Mちゃん、K君には感謝です。

二人とも、貧困の環境から立ち上がり、目標や夢にむかって頑張っています。

息子にとって、先輩の意見は、励みになったのかもしれません。

目標ができたせいか、息子のやる気スイッチが、再び入りました。

不器用かもしれない。
冗談が言えないかもしれない。

それはそれでいいじゃないのと思います。

それが息子の個性です。
それをわかってほしいと思います。

お父さんにそっくりだねと言い続けた私が、
息子を傷つけてきたのだと、今更、気が付きました。

私も長い間、ほめられるということはなかったので、
ほめるのは、苦手でした。

ほめて伸ばす、そんな育て方がいいということは、聞いたことはあるのですが、
本当にほめない親でした。

18歳で子育ては、終了だという意見もあります。

息子は、もうすぐ18歳になります。
もうすぐ子育て終了?!

終了なのは、お互いに依存してきた生き方です。

息子に依存していた私。

今度こそ変わらなければと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました