ブログに、本音を書くのは間違いだったのか・・・

スポンサーリンク




今日は、整形外科に行ってきました。
息子に突き飛ばされての負傷、よくなってきていてコルセットはもうしなくて大丈夫だと言われました。

息子は、また別人のように、優しい子にもどっています。

DV夫と、息子、二人からけがを負わされて、私の人生なんなのって落ち込んだ時期もありました。
そんな夫と、出会い結婚を決めたのは私自身なので、すべて自己責任だとわかってはいるんですけど・・・

肋骨にヒビが入って、少し動くだけでも痛い時に、二人の方からメッセージをいただきました。

一つは、あんたがすべて悪い、受験の時に家を出るなんて信じられない、子供がかわいそう
というもの。

もう一つは、私の発達障害への偏見の記事に激怒して、メッセージをしてきました。
もう二度と見ないとおっしゃっていたので、この記事を見られるかはわかりません。

その方は、ご自身が発達障害、そして二次症状であるうつ病を患っていると書いてありました。

スポンサーリンク

私のブログを見て、発達障害の方は、傷ついたのだと思います。 ブログの向こう側には、たくさんのいろんな方が見ている、それはわかっていても、 私は本音を書き続けました。

発達障害は、普通の子じゃない。

そんなふうに書いたことが逆鱗にふれたようです。

でも・・・
どんな母親でも、自分の子は普通であってほしいと思うのが本音じゃないですか?
発達障害でなければいいと思うのが、本音じゃないですか?

息子は、心療内科での受診内容を未だに、受けとめていません。

息子自身が、俺は普通だ、俺は発達障害じゃないって言い続けています。

最近、思っています。 私は、このブログに本音を書き過ぎたのかなって。

まるで自分の日記のように。
自分の心の整理をするために、本音を書いては、悩み苦しみ
そして、前向きに歩きだす、その繰り返しだったような気がします。

匿名とはいえ、本音を書いてはいけない気がしてきました。

息子と私と娘の私生活暴露ブログでした。

(苦笑)

もう書いてはいけない、そんな気もしてきました。

タイトルとURLをコピーしました