息子の焦り

a1380_000098

明日で学校も終わり、あさってから冬休みに入ります。

今日、11月に実施された模試の結果をもらってきました。
学校内の偏差値、順位、そして、全国区での順位、偏差値も出ていました。

国語をのぞいては、全て学校内では一位でした。
まず、それが目に入ってきたので、思わずすごいねーと誉めてしまいました。

誉めたのに、息子は、暗い顔をしていました。

学校内でよくても、全国を見てごらんよ。 全然ダメなんだよ、このままでは国立なんて無理だなと、落ち込んでいる様子でした。

のんびりとした学校で、二年生はまだ部活に夢中で、目の色をかえて勉強している子はほとんどいません。

井の中の蛙という言葉がぴったりかもしれません。

それを一番良くわかっているのは、息子で、受験まで、一年以上あるというのに、焦りだしました。

浪人は無理だよね?

塾に行くのも無理だよね?

息子はまた、貧乏家庭にはつらい質問をしてきました。

莫大な奨学金を借りるのを、避けたい私と息子。

そのためには、偏差値60以上の国公立を目指さないとなりません。

国立に入れれば、授業料免除の申請も可能です。

私立に行くか、国立に行くかで、奨学金という借金の規模が大きく変わります。 本当に貧乏で何も出来ない母親です。 情けないです。

今回の引っ越しで借金も増えてしまいました。

まずは、その借金を返さなければ貯金もできません。

児童扶養手当をいただけるのもあと一年と少しです。

厳しい現実ですが、がんばるしかないです。

ご訪問くださりありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました