毒親

スポンサーリンク




a0001_000021

冷たい雨の一日でした。
雨も、寒いのもいやですね、なんだか心も重くなります。

息子が、父親と、絶縁宣言をして10日たちます。

あの父親の所へ、行くのが相当のストレスだったと言いました。
朝、父親の元へ、行かなくなって、かなり楽になったと思います。

学校へも元気に行って、帰宅してからは勉強をしています。

表面的には、平穏になったわが家ですが、
まだまだ不安いっぱいの毎日です。

今回の息子の病気騒動でわかったことは、私はあの夫そっくりな息子を受け入れていなかったこと。

似ている部分がいやでいやで仕方なかったのです。
(自分のかわいい息子のはずなのに・・・)

それで、喧嘩をするたびに、
お父さんそっくりだね
お父さんの所に帰れば?等々の、冷たい言葉をはいていた私です。

息子は、平気な顔をしていたけれど、
それが鋭い矢となって息子の心にズブズブとつきささっていたのです。

スポンサーリンク

私も夫だけを責めることはできないかもしれません。
私も夫も、毒親だったわけです。
そんなことさえ、息子が壊れかけるまで気が付かなかった私は愚かな母親、毒親だと思います。

年内に出ていってくださいと、不動産屋さんに言われてしまいました。

神様はいるの?って思ってしまいます。

でも、全部試練、この試練を乗り越えれば、少しでも明るい光が見えてくるかも・・・
そんな気がしています。

仕事を終えてからの、アパート探しなんで、時間もなく難航しています。

礼金敷金のない所で、2DK4万円以下の家賃の所を探しています。
すごい田舎ならあるみたいなんですが、
バス便も少ないところです。

学校や、私の職場にも通える場所は、なかなかみつかりません。

最悪の場合は、DV夫の家に帰るしかありません。

でも、それって負けることだと思います。
負けたくないです。

今日までがんばったのですから・・・

ご訪問くださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました