家族より、大切だったもの

スポンサーリンク




a0950_000029

今日で7月は終わり、明日から8月です。
8月というと、夏真っ盛りのイメージがします。

もうすぐオリンピックも始まります。
今回のオリンピックはゆっくり見れそうです。

今まで、オリンピックなんて見たことはありませんでした。

スポンサーリンク

テレビのチャンネル権は、夫が握っていたし、32インチのテレビは、四畳半にあり、夫が帰ってきたら テレビを見ることも許されませんでした。 もちろん子供たちもです。

子供部屋には、小さな古いテレビがあり、そこに室内アンテナをおき3人で見ていました。

でも、地デジ化されてからは、見れなくなりました。

ここら辺は、山が多くて、ほとんどの方がケーブルテレビと契約をしています。
わが家も、新しいテレビを買い、ケーブルテレビと契約をしました。

一台でも二台でも、工事費は同じだから、
二階の子供部屋にも、テレビの線をひくようにお願いしました。

答えはノー。

理由は、壁に穴をあけたくないでした。

夫にとって、親から譲りうけたあの家が、家族より大切だったのです。 築40年のボロ家です。 壁も屋根瓦もボロボロです。 それなのに、テレビの線の穴ひとつあけてはくれませんでした。

心の狭い人です。

この家と、家族どちらが大事なの?と聞いたことがあります。

夫は、迷うことなく、家と答えました。

夫が帰宅すると、子供たちはいつもがっかりしていました。
テレビを見れなくなるからです。

「二階行け!
じゃまだ!」

ただいまや、おかえりなさいの言葉はなく、
子供たちはいつも邪魔にされていました。

そんなわけで、
夜になると、子供たちは子供部屋にこもっていました。

今、娘も息子も、私も、自由という宝物を手にいれました。

夜、シャワーをあびてからのむアイスコーヒー、
ゆっくりと見れるテレビ。

あ~幸福と思う瞬間です。

今日も、ご訪問くださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました