貧困が原因?!定時高校生のそれそれの事情

スポンサーリンク




um_125

私は今、高校のPTA役員をやっています。

(貧困にあえいでいるんだから、役員なんてやっている場合ではないのですけど・・・)

そして私がなったのは広報委員です。
次回は、秋に学校の広報用紙が出るのですが、今回は定時制のページの担当になりました。

昨日の夕方、定時高校生の球技大会の取材に行ってきました。

授業は16時からですが、そのころ、登校している生徒は、まだまばらでした。
17時ころから、仕事を終えた生徒たちが登校してしてきました。

スポンサーリンク

建築現場で働いている子、作業着のままの子、いろいろいました。 昼間の普通科の子と、やはり表情が違うなと思いました。 疲れているように、またどこか影があるように感じました。

昨日は球技大会なので、二時間目からの授業はなしでした。
軽く、食事を済ませ、
体育館へと向かいました。

定時高校生には、制服も体操着もありません。
みんな自由に、色とりどりのTシャツや短パンを着ていました。

そのせいか、大人びて見えました。

ドッジボールが始まると、みんな表情が、パッと明るくなりました。

無邪気な顔、笑顔もありました。

まだ高校生、幼さののこるその笑顔になぜか安心しました。

みんなそれぞれの事情があるのだと思います。 家庭の事情で、昼間は働かなければならない子。 身体が不自由な子もいました。 体育館の片隅で、球技大会に目もくれず、本を読み続ける女の子もいました。

同じ広報委員の息子さんは、定時の一年生です。
小中学校でいじめにあい続け、精神を病んでしまったとのこと。

お母さんは、私と同じ母子家庭です。
同じ境遇なので話があいました。

普通科に行けるお金も環境にもあったのに、
大人数の団体生活は無理だろうと、定時制を選らんだと言っていました。

それが正解で、楽しい学校生活をおくっているようです。

定時高校生、
いろいろな事情があることがわかりました。

髪の毛が赤い子、金髪もいました。
確かに普通科の子たちよりも個性はあります。

カメラのレンズ越しに見た高校生たちは
とても輝いてみえました。
汗びっしょりになって、がんばっていました。

心の中で、これからの人生もガンバレと応援しました。

今日もご訪問いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました