息子を、立ち直らせることが出来るのは、私しかいない

スポンサーリンク




a1820_000015

昨日、おとといと弱気な記事を書きました。

身体が疲れていると、どうしても弱気になります。
たぶん、息子もそうだと思います。

息子は、私と同じスーパーマーケットという業界に、アルバイトデビューしました。
引っ越しのバイトより全然楽だと言っています。
高給だけど、一番しんどい引っ越しアシスタントの現場に飛びこんで、よく頑張ったと思います。

息子、いきなり12時間労働

スポンサーリンク

DV夫も息子も、心は優しい、そして頑張り屋さん。 これは二人の長所です。 優しいが、裏を返せば、弱いという事なんです。 弱いこと、不器用な所、これも二人の共通点です。

その弱さを隠すため、自分を守るために、暴力暴言という行動に出てしまう。
それは間違った行動です。
不器用さゆえに、そうすることしかできなかったのだと思います。

今、私が嘆いていてどうする?
過去を見てばかりいてどうする?

今日、仕事中にふと、そう思いました。

息子を、立ち直らせることが出来るのは、母親の私しかいない、 だから・・・ 助けます。 励まします。 支えます。

おとといの夜、実は息子が、夫と同じような暴れ方をして、私に向かってきました。
黙ってたえました。
苦しいから暴れるのだとわかりましたけど。

無視していたら、しばらくして、母さん、さっきはごめんと謝ってきました。
そこが、DV夫との違いです。
自分が悪いこと、わかるのです。
反省するのです。

落ち着いてから、私は息子に言いました。

私  お父さんが、お母さんにやってきたこと、見てきたよね?
   やられた方がどれだけ辛く痛いか、あなたは知ってるよね?

息子 うん

私  だったら、将来のお嫁さんに、こういうことは絶対にしないと今、頭にインプットして
   お母さんにもしないって約束して

息子 うん、ごめん。

こうやってひとつひとつ、根気よく教えていくしかないと思います。
息子が心療内科に、行きたいと言うのなら連れていきます。

発達障害であろうとなかろうと、私は息子を受け入れ、息子を変えていきます。
良い所、たくさんあります。
それを伸ばしていけばいいと、今は思います。

息子の人生はこれからです。
人の痛みがわかる子です。

脳が影響を受けている?
だったら、今から治していけばいい。
前向きに頑張っていくしかないです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
皆さんの応援が、励みになります。
応援してくださる方、本当にありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました